\フォロワー5000人突破/ 公式インスタグラムはこちら♪

【人生初】巨大くだもの「晩白柚(ばんぺいゆ)」を剥いて食べてみる

【人生初】巨大くだもの「晩白柚(ばんぺいゆ)」を剥いて食べてみる

こんにちは。けんさむです。

いきなりですが、晩白柚って食べたことありますか?ばんぺいゆ。

 

スーパーなんかにも積まれてますが、昨今では「若者、くだもの食べない事件」が蔓延してますから

こんな巨大な果物、剥き方もわからないし、なんか怖くね?みたいなことになりますよね。

晩白柚 熊本

こんな感じの巨大な果物で、

 

みかんと比べるとこの通り・・・

 

 

デカ杉内

 

 

今日はこの晩白柚を手に入れてきましたので、

若者、晩白柚こわくないよ白書」をお送りしたいと思います。

 

Advertisement

実は97%の晩白柚は熊本で生産されている

晩白柚 剥き方

さて、この晩白柚はいわゆるザボンの一品種で、日本での生産はなんと

97%が熊本産

 

というわけです。

どおりで熊本でよく晩白柚を見かけるわけですねぇ。

 

さらに、Wikipediaによると

日本には1920年に、植物学者の島田弥市が、現在のベトナムの船上で食べた柑橘があまりにも美味しかったため、サイゴンの植物園から株を分けてもらい伝わった。しかし、当時は栽培法がわからず普及には至らなかった。1930年に台湾から鹿児島県果樹試験場に白柚(ぺいゆ)の株が導入され、最適産地の熊本県八代市地区に根付き、改良が行われた結果、現在は八代市の特産品となっている

とあり、アジアから鹿児島に渡ってきて、熊本の八代に根付いたという歴史があるようです。

 

晩白柚の歴史を学んだところで、さっそく剥いていきたいと思います。

とにかくデカくて、皮が硬いので、もちろん手で剥くのは室伏広治クラスでないと難しいと思われます。

 

包丁を使って切れ目を入れながら皮を剥いていきましょう。

 

こんな感じでケーキ状にカットしていって、

 

よいしょ、よいしょと

 

ウェーイッシュ

 

ドスコーイ

 

いや、皮どんだけwww

 

晩白柚は、想像以上に分厚い皮に覆われていました・・・

 

まるで座布団のようにフカフカです。これでなんか作れそう。防寒着、的なやつ。

 

そして皮をさらに脱がしていきますよ〜

 

おいおい、意外と中身小さいな!

 

そしてようやくたどり着いた晩白柚の中身がこちら

 

見た感じは「はっさく」のような見た目です。

 

一房の大きさはこれくらい。思ってたより巨大ではないですねw

 

 

晩白柚は食べごろになるまで1ヶ月ほど置いておくのがセオリー

身がギュッと締まっていて、果物なのに歯ごたえがあります

晩白柚は皮が分厚く、保存に優れているくだものなので、食べ頃まで1ヶ月ほど置いておくと熟して美味しくなるそうです。

 

今回は1ヶ月半ほど寝かしておいたので、うわさ通り甘くて、心地よい酸味が美味しかったです。

 

わりと果汁は少なめで、グレープフルーツみたいな柔らかくて果汁たっぷりな果物に慣れている人には、「硬くて潤いがない」なんて感じそうですが、食べてみるとその独特の食感と甘みがクセになります。

 

晩白柚は、疲労回復に効果あり!さらに血液もきれいにしてくれる!

晩白柚 熊本

というわけで、晩白柚の解体ショーをお届けしてきました。

晩白柚は「クエン酸」が含まれており、これが疲労回復や、血液をキレイにする効果を持っているんだそう。

 

スーパーで1個700-800円くらいで販売されているので、疲れを感じた日なんかには豪快に晩白柚を剥いて食べるのもいいかもしれませんね〜♪

 

それでは!

 

Advertisement